トップページの中の宅地選びのアドバイス

宅地選びのアドバイス

宅地を買うことは、一生のうち何回もないものです。
それだけに、宅地購入にあたっては十分な知識と準備が必要です。
宅地造成、販売に長年にわたって携わってきた、タカノ興発(株)が宅地選びについてのポイントをまとめました。

1建物の建てられない土地?

その1

土地は場所によって、様々な法規制があります。その一つが市街化区域、市街化調整区域といわれるものです。
市街化区域内の土地であれば問題は少ないのですが、市街化調整区域では、注意が必要です。
市街化調整区域内では建物が建てられないか、著しく制限を受けるため、不動産会社や市町村で確認しましょう。

※例外的に、住宅が建築できる場合
農家住宅、農家分家住宅など

土地の状況によりますので、市町村や不動産会社などへお問い合わせ下さい。

その2

住宅街イメージ

その土地に建物を建てる場合、その土地は幅4m以上の道路に2m以上接していなければならないという決まりがあります。(建築基準法)
また、道路のように見えても、建築基準法上の道路と認められない場合や、私有地となっている場合もあります。
その土地の面する道路がどのような道路であるか、建物が建てられるかどうかを不動産会社や市町村で確認することが必要です。

2希望通りの住宅が建てられない土地?

その1

1で述べた市街化区域内でも、建てられる建物の用途が決められている場合があります。これを用途地域と言います。
例えば、工業専用地域では、住宅を建てることはできませんし、近隣商業地域や、商業地域では、お隣に、ゲームセンターや作業場が建つ可能性もあります。
その土地の用途地域が何なのかを不動産会社や市町村で確認しましょう。

その2

建築イメージ

土地の場所によって、その土地に建てられる建物の大きさが限られる場合があります。
例えば、50坪の住宅を建てようと思っていても、土地の大きさや法規制によって希望の大きさのものが建てられない場合があるのです。
これを建ぺい率、容積率の制限と言います。
建ぺい率は敷地面積に対する建物の建坪の割合、容積率は敷地面積に対する建物の述べ床面積の割合です。この点も事前にチェックしましょう。

[例] 敷地 50坪(建ぺい率50% 容積率80%)の場合
建坪 50坪×50%=25坪
述べ床面積 50坪×80%=45坪

3土地が減ってしまう?

その土地が幅4mに満たない道路に面している場合は注意が必要です。
その場合、道路の中心線より2mの位置まで、下がらなければならず、土地が有効に使えない場合があります。
これをセットバックと言います。
セットバックした地面はその部分に建物を建てることができませんので、その土地が面する道路の幅が何mあるか、ご確認ください。

4平日の天気の悪い日が絶好の見学日?

雨イメージ

土地は現地を見るのが一番です。
通常、土地の見学は休日の天気のよい日にされることが一般的ですが、できたら、天気の悪い平日に土地を見に行きましょう。
その土地に一生住むのですから、悪天候時の周辺状況(風向き、排水状況など)を確認することや、平日に稼動している周辺の事業所などの騒音を確認することが、重要です。

5その場所でどのような暮らしをするのか?

その土地に住んだら、どんな暮らし方になるのかをイメージすることはとても重要です。
例えば、毎日の通勤、通学にかかる時間はどのくらいか、買い物はどこでするのか、病気になった場合、近くにどんな病院があるか、金融機関はどこが近くて便利か、等々。
また、5年後、10年後、どのような暮らし方になるのかも考えて、宅地選びをしましょう。
その際に、優先順位を家族間で決めておくことも重要です。例えば、学校までの距離を優先するのか、通勤のしやすさを優先するのか、それとも毎日の買い物のしやすさなのか。土地は定着した商品ですので、全てを満足させるオーダーメイドのものではありません。優先順位によって、宅地を選ぶ基準を明確にしておきましょう。

その他、宅地選びのポイントはまだまだたくさんあります。
お気軽にタカノ興発(株)までお問い合わせください。